子供の人数にもよりますが、今後のことを考えるのであればミニバンがファミリーカーにふさわしいと言えるでしょう。

その中でも、特にトヨタのヴォクシーや日産のセレナなどいわゆる箱形と言われるミニバンが特にオススメです。

ミニバンの利点は多人数の乗車が可能な3列シートであること

ミニバンの利点は多人数の乗車が可能な3列シートであることです。最大7~8人は乗車可能ですから2世帯家族でドライブ旅行に、なんていうこともできます。

しかし、たとえ乗車人数は多くても、天井高が低いミニバンだと、3列シートといえど最後列の席は窮屈になってしまいがちです。

せっかくの遠出でも誰かがはずれの席を引いて道中に窮屈な思いをするようではもったいないです。

だからこそ、天井高が十分な箱形のミニバンがファミリーカーに適しているのです。

3列シートがあるとオムツ変えに便利

更に小さなお子さんがいる家庭であれば、3列シートがあるとオムツ変えに便利です。

旅行中や日常のお買い物時でも、赤ちゃんがうんちをしてしまってオムツ替えのスペースを探す必要があるときがあります。

そこでミニバンに乗車していれば後ろのシートを倒しスペースを確保することができるので、とても有用です。

その他にも、遊び疲れたり車酔いしてしまったりなどで、横になりたい人がいた場合にもシートを倒し広々と横たわることができます。

さらにチャイルドシートなどを乗せることも考えると、広々とした空間を重視して車を選ぶ事はとても大事になってきます。

そうはいっても、子供は1人で普段は家族3人での移動が多いという方は、ミニバンを買ってしまうと保険料や車検に燃費などを考えても維持費の無駄が多いかと思います。

家族とライフプランを話し合って決めるのが良い

しかし、だからといって「まぁ、ギリギリ乗れるし」という気持ちで、見た目重視の車を買ってしまうと、いざ家族が増えたときなどに、また買い換える必要性がでてくることもあります。

今一度、ライフプランを家族と話し合いながら、見合った車を選ぶ事をオススメします。

決める際には、家族全員で試乗にでかけるのも買った際のイメージが湧きやすいのでオススメです。

走行距離が10万キロを超える過走行車からの乗り換えなら・・・

この記事をお読みの読者さんは、車の買い替えをご検討されているかと思います。

もし今お乗りの車が走行距離にして10万キロを超えるようでしたら、まだそれぐらいの距離であれば買取業者に売却も可能です。

過走行車の売却!10万キロ、20万キロ走っても高額査定は得られるのか?

これを見ると、ボロボロの車でも価格がつくことが分かりますね!ぜひ参考にしてみてください。